Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

偽物のバイアグラについての危険性

初めに:偽物のバイアグラについての現象や危険性を紹介します。
キーワード:バイアグラ、ED治療薬
日本ではED治療薬として、バイアグラやレビトラやシアリスこの三種類の薬物があります。その中で、バイアグラの知名度が一番高いものとなっています。バイアグラは最初、狭心症を治療することと目指して、アメリカの製薬会社に開発し、アメリカの食品医療品局により販売を許可された治療薬です。
1998年に販売が始まりました。知名度とともに、多くの市場シェアを占めることになります。現在では、世界110ヶ国以上で発売されています。人気があります。
その大人気があるこそ、多くの無法者は偽物のバイアグラを偽造し始めました。
実は、偽造医薬品は危険性が高いものです。特にED治療薬は、毎年何百万もの偽造品が差し押さえられています。例えば、欧州では250万人もの男性が偽造のバイアグラを服用しており、正規品とおよそ同数の偽造品が流通していると推定されています。その結果、死亡事故などのことが起こる場合もあります。
調査によりますと、とくに、ネット通販で販売された医薬品の44~90%は偽造品と考えられています。そんな大量な偽物があることは確かに怖いです。それで、ED治療薬を購入する男性の30%以上は、正規の医療システムを介していません。ネットでバイアグラを購入すろことを選びます。
実は、本来ED治療薬は処方せんがないと購入できませんが、処方せんがない男性はよくネットを通じて購入することがあります。
当然なことですが、偽造のバイアグラは直接的・間接的に健康に害を及ぼす可能性があります。直接的には、有効成分が含まれないばかりか有害な成分が入っていることがあります。また、間接的な影響としては、EDの合併症(糖尿病や高血圧)を診断・評価する機会が失われることがあります。
ですから、ED治療薬を購入したい男性はぜひ安全な方法を選んでください。病院に行って処方をもらう手に入る方法をおすすめです。