Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

器質性EDとは

器質性 ED とは、体に何らかの原因があって、物理的に勃起が阻害される ED のことを指します。この器質性 ED を更に細かく分別すると『加齢や糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病に起因する動脈硬化、前立腺がんや前立腺肥大の外科的手術による陰茎付近の神経や血管の損傷などの血管障害によるもの』、『不慮な事故による脊椎などの脳から陰茎までの伝達神経の損傷等による神経障害によるもの』、『加齢やストレス、喫煙、飲酒などによる男性ホルモンの1つであるテストステロンの低下等の内部分泌機能低下によるもの』が挙げられます。シアリスはとても有効なED治療薬です。

つまり器質性 ED を細かく分けると『血管障害によるもの』『神経障害によるもの』『内部分泌機能低下によるもの』に分けられます。

血管性 ED でもっとも多いのが、加齢による動脈硬化によるものです。また動脈硬化の原因となる糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病などと合併した形で ED 症状を引き起こしている場合も非常に多いパターンです。
特に糖尿病では、男性患者さんの半数以上が ED 症状を抱えているともいわれます。レビトラはEDや早漏にどても有効です。

勃起は、性的刺激を受ける中枢神経とその性的興奮を伝える末梢神経によってコントロールされており、神経障害があると ED 症状がでる場合が多くなります。例えば、糖尿病性神経症、てんかん脳卒中パーキンソン病多発性硬化症による神経障害が挙げられます。また血管性同様に、前立腺がんや前立腺肥大症、直腸がん、陰茎部の手術、慢性腎臓病による腎臓移植などの外科的手術によって陰茎部への神経の断裂が起った場合や不慮の事故などによって、中枢からの神経経路である脊髄損傷、骨盤の損傷などによって神経が傷ついたり断裂した場合にも ED となることが多くあります。バイアグラは男性尊厳を守ります。

ED の因子として、内分泌機能の低下も挙げられます。代表的なのは、男性ホルモンの1つであるテストステロンの低下です。精巣で主に作られるテストステロンには、男らしい体つきを作るほか、闘争心や意欲、そして性欲や勃起力、精子の産生などの性機能を維持するためのはたらきもあります。また造血作用や、幸福感にも関わりがあるホルモンです。