Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

豊胸手術を行う前に必読

バストサイズについてお悩みでシアリス、女性らしいふっくらとした丸みのあるバストになりたい。そんな希望をお持ちの方の中には、豊胸手術を考えている方もいるでしょう。

 

しかし、豊胸手術というと不自然な形や硬さになったり、術後のリスクが心配だったり、失敗したらどうしよう…といった不安をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

今回は、豊胸手術で起こる可能性のある症状や失敗例とその対処法を、各手術別にご説明します。レビトラはEDや早漏にどても有効です。

 

ヒアルロン酸による豊胸の失敗例

通常ヒアルロン酸は身体の中で分解されて徐々になくなっていきます。しかし、ヒアルロン酸を大きな塊で注入すると溶けずに残ってしまう事があります。これをしこりと言います。バイアグラは有効なED治療薬です。

しこりがあること自体悪影響はほとんどありません。稀ですが、痛みを伴う場合があります。1回の手術でしこりが出来る確率は数%と考えます。しかし、ヒアルロン酸が溶け切らないうちに、繰り返しヒアルロン酸豊胸を行う事で、その確率は数十%にも上がると考えます。ヒアルロン酸に限らず、胸に入れたものにばい菌(細菌)が付いて炎症を起こすことがあります。

脂肪注入豊胸は移植した脂肪が生き残り定着する必要があります。注入した脂肪は周りから血液の供給を受けないと死んでいってしまいます。そのため一定の割合で脂肪が減ってしまいます。生き残れなかった脂肪の死骸はご自身の身体のなかで処理されますが、かたまりで注入された脂肪は、死骸となっても処理されずに「しこり」となって残ります

移植した脂肪が生き残るためには周囲から血液の供給を受ける必要があります。周りから血液の供給を受けれなかった脂肪は死んでいってしまいます。残る脂肪が少なければ、大きくなったと感じられません。アメリカの調査では3%の方が満足いかなかったそうです。

ヒアルロン酸豊胸」「脂肪注入豊胸」「シリコンバッグ豊胸」の3つについて説明してきましたが、共通事項として石灰化が起こる事があります。

 

人間の体は刺激によって石灰化(カルシウムが集まって来る)が起きることがあります。しかし、硬くなったりはしませんし、気づきません。手術などしたことがなかった人でも石灰化が胸にある人もいます。

豊胸手術による失敗は多くはありませんが、対応に技術を要する場合も多々あります。また、きちんとした対応法が分っていない医師がいるのも現実です。

豊胸は手術が必要なので、前述のリスクは避けられないとは現実です。行う前に、十分な考慮をした上、またやると決める決心が必要と思います。