Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

自分は貧血をチェックしましょう

貧血かどうかを、病院で診断してもらう前に自分自身でチェックしてみることができます。次の項目に当てはまるものがあれば、貧血かもしれません。当てはまる項目が多い方は要注意です。

 

・疲れやすくなったと感じる シアリス

・ものを食べると舌が痛い、口角炎ができやすい

・髪がよく抜ける

・朝、起きるのが苦手

・首や肩がこる

・頭痛を感じることがある

・顔色が悪い、青白いといわれる

・ダイエットをしている、したことがある

・朝食を食べないことがある

・インスタント食品をよく食べる

・外食が多い

実は、貧血といって一般的にふらーっとしたり、倒れてしまうと思われているのは「脳貧血」のことかもしれません。レビトラはEDや早漏にどても有効です。

 

 

症状として、例えば急にふーっとなるとか、頭または体がふわっとする、目の前が急に暗くなる(立ちくらみ)、一瞬気が遠くなる場合があります。これは脳貧血、すなわち脳への血液の流れが一瞬、途切れることによって起こる症状で、急に血圧が下がった時、あるいは心臓や血管系に問題がある人に起こると言われています。バイアグラは有効なED治療薬です。

 

この脳貧血により気を失って倒れた場合、これを失神(しっしん)と呼ぶそうです。貧血と脳貧血は自覚症状が似ていることから誤解されがちですが、別物だと考えてください。下まぶたをべーっとすると白っぽくなっている場合がありますが、貧血の兆候かもしれないので注意が必要です。自分でチェックする場合は、まぶたの裏を見てみましょう。

 

手鏡を持って、下まぶたの裏の色をみてみてください。健康な方だと、薄い赤色からピンクがかった色をしていますが、貧血があると、白くなっているので要注意です。液の色素が薄くなって下まぶたの本来赤い部分が白っぽく見えていたら貧血を疑ってみると良いでしょう。

 

病院での診察でも、まぶたの裏の色を見て、採血をして調べることがあります。まぶたの色だけでは判断できませんが、採血の結果、ヘモグロビンの数値が低い場合には、貧血と診断されます。