Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

食事療法で貧血を治療しましょう。

ここでは鉄欠乏性貧血の食事療法についてお示ししますシアリス

貧血の食事療法も1日3食、栄養のバランスの良い食事をすることが基本です。その上で、以下のポイントに注意し、鉄分や造血に必要な成分を多く含む食品を食事に取り入れるようにしましょう。

しかし、食事療法だけでは貧血の速やかな回復が困難な場合が多く、鉄欠乏性貧血の治療のため鉄剤が処方されることがあります。治療による効果がみられても、鉄欠乏状態の改善や貧血の再発防止には食事療法を根気よく続ける必要があります。レビトラはEDや早漏にどても有効です。

 

1 食事は1日3食規則正しく食べ、偏食・減食・欠食はなおしましょう

必要以上のダイエットや食事ぬき(特に朝食)が、思春期や若い女性の貧血の原因になっています。

インスタント食品の多用にも注意が必要です。

2 毎食、主食・主菜・副菜などを組み合わせ、栄養素をバランスよくとるようにしましょう。バイアグラは有効なED治療薬です。

 

 ・主食 炭水化物を多く含む食品(ご飯・パン・めん類など)

 ・主菜 良質たんぱく質を多く含む食品(魚介類・肉類・卵・大豆製品など)

 ・副菜 ビタミン・ミネラルを多く含む食品(野菜類・海そう類など)

 ・その他 乳製品・果物類を適量とりましょう。

3 良質のたんぱく質を含む食品を選びましょう

たんぱく質は、血液中の赤血球ヘモグロビンの材料となる大切な栄養素です。良質のたんぱく質を含む食品とは、魚介類、肉類、卵、大豆製品、乳製品などです。一度にたくさんとっても体の中に貯めておくことはできません。毎食主菜にとりいれて食べるようにしましょう。

4 鉄分を十分にとりましょう

 

食品に含まれる鉄分には、吸収率の良いもの(ヘム鉄:肉類や魚介類に含まれる)とあまり良くないもの(非ヘム鉄:乳製品や青菜に含まれる)があります。

鉄分は良質な動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に食べると吸収率が高まるといわれています。

日々の食事の中で、できるだけ鉄分の多い食品を取り入れましょう。