Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

腸内フローラとは

私たちの腸内には多くの細菌が住みついています。その数は100種類以上、100兆個ともいわれていますシアリス効果

 

これらは種類ごとにまとまって、腸内に壁面を作って生息しています。その集まりが、顕微鏡で見たとき花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれています媚薬

 

人によって腸内フローラの様相はまったく異なり、また、ライフスタイルや年齢、ストレスなどによっても変わってきます。そしてこの腸内フローラは、肌の老化や病気など、身体の状態に大きく影響するといわれています精力剤

 

腸内の菌には、免疫力を活性化させるなど健康に役立つ善玉菌と、タンパク質を腐らせ毒素を発生するなどして病気のリスクを高める悪玉菌、さらに、腸内で優勢となった菌に合わせて働きを変える日和見菌があります。

 

腸内フローラと肥満の関係

 

成人の腸内細菌は、「バクテロイデス門」と「フィルミクテス門」の2種類が優勢となっています。バクテロイデス門は、善玉菌を好む日和見菌といわれています。このバクロイデス門といわれる菌が食べ物を分解する際、短鎖脂肪酸が排出されますが、この短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけると脂肪の取り込みがストップし、肥満の予防につながるとされています。

 

一方で、もうひとつのフィルミクテス門の菌は、食事から取り込むエネルギー量が多いため、肥満に結びつきやすくなるといわれています。

 

肥満の人は、フィルミクテス門の細菌が多く、バクテロイデス門の細菌が少ないことが研究で分かっています。