Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

歯周病の予防

歯周病にならないためには、歯周病菌が増殖しやすい歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)を日々ケアすることが大切です。歯周ポケットケアのポイントをおさえて、健康な歯と歯ぐきを維持していきましょうシアリス

歯周病は「歯周ポケット」と呼ばれる、歯と歯ぐきのすき間にある溝からはじまります。歯みがきが正しくできていないと、次第に歯周ポケットには細菌のひそむ汚れがたまっていき、歯ぐきの内部で炎症を起こしますベニス増大

歯周病は痛みや見た目の変化がほとんどないため、ケア意識が薄くなりがちですが、実は歯を失う原因第1位のこわい病気です。大切な歯を守るためにも、しっかりと歯周病予防を行っていくことが大切ですレビトラ 効き目

歯周病なんてまだ自分には関係ない」、そう思っていませんか? 実はある調査によると、30代以上の約8割が歯周病と言われています。しかも、多くの方は自分が歯周病であると自覚しないことが多いのです。気づかないうちに進行する、というのも歯周病のこわいところです。

歯周病菌の巣は強力なバリアとなっています。その中に入り込んで内部まで浸透殺菌する薬用成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が配合されたハミガキやデンタルリンスを選びましょう。

歯周ポケットは狭くて深いため、普通のハブラシではなかなかハブラシの毛先が歯周ポケットの奥まで届きません。歯周ポケットの奥の汚れまでキレイにかき出すには、超極細毛のハブラシを使うことをおすすめします。

歯周病菌を殺菌するだけではなく、コーティング剤を配合しているハミガキやデンタルリンス(液体ハミガキ)を使用しましょう。薬用成分IPMPで歯周病菌をよせつけないことが大切です。