Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

不眠症の対策

不眠症の対策1、昼間に興奮しすぎないシアリス

仕事に集中しすぎたり、運動をしすぎたり、ストレスを強く感じたりすると、心と体が異常に興奮します。そのために不眠症になります。こんな状態では安眠など出来ません精力剤

自律神経失調症うつ病の方、また自律神経に負担がかかっている方は、一度、交感神経が強く興奮すると、なかなか収まりません媚薬

不眠症の対策2、カフェインを取らない

カフェインでも心と体が興奮して、不眠症の改善を妨げます。不眠症の分類が2つ以上ある人は、香辛料、特に唐辛子なども摂取しないようにしましょうね。

不眠症の方は、6ヶ月以上(できれば1年間)はカフェインが入った飲み物をやめましょう。カフェインを取る習慣のある人は大変ですが、不眠症を改善させるには必要不可欠のことです。

自律神経失調症のひどい方は1年半ぐらいカフェインをやめましょう。

不眠症の対策3、寝る準備を早めにする

「寝る準備を早めにする」といっても、布団を早くひくことではありませんよ。笑

寝る準備はとても大事です。不眠症の方は普通の人よりも、体の中の寝る準備、つまり交感神経の興奮を抑えるのに、すごく時間がかかるんですね。

普通の方が布団に入って30分もすれば眠たくなるのに対し、不眠症の方、特に「入眠困難症」といわれる方だと、「2時間も3時間も眠れない」なんてのは当たり前ですよね。ですから布団に入る前から、時間をかけて交感神経を鎮めてやらなければなりません。これが不眠症を改善させるにはとっても大事なのですね。どういうふうにやるのかというと、まず、寝る3時間前からはテレビは禁止です。テレビのチカチカが脳を興奮させてしまいます。もちろんパソコンもですよ。