Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

日本是糖尿病大国!?

日本人はもともと太りやすく、糖尿病になりやすい日本人は、世界有数の肥満と糖尿病有病率を誇るピマ・インディアンと同じモンゴロイドです。

欧米人と日本人のインスリン分泌能の違いは、食事に糖質が増えてからの時間の長さが関連しています。糖質摂取が増えてからの期間の長さによって適応の度合いが違うということです。

遺伝的素因が日本人と変わらないはずの日系2世米国人で、 日本人よりも数倍以上の差で糖尿病が多いという事実からも、 日本人が環境因子、特に食生活の変化に影響されやすいこと、 同じ食事をとると米国白人よりも日本人の方が圧倒的に糖尿病になりやすいことなどがわかります。

米国に住んでいる日系アメリカ人の方が、日本に住んでいる日本人より糖尿病の比率が高いという研究結果も報告されていいます。早漏防止

このことに関して研究者は「糖尿病の発症条件はインスリン作用の不足であり、東アジア人はインスリン分泌が少ない」と指摘していいます。日本人を含む東アジア系民族は、インスリン感受性は良好だが、インスリン分泌能は低い傾向があるという研究が発表されました。日本人は、標準体重をわずかに超過しただけで、インスリン感受性が低下し、2型糖尿病発症の危険性が上昇するといいあす。

アジア系の人はコーカソイド系における「標準体重」であっても糖尿病発症率が高いことから、肥満はアジア系にとっては糖尿病発症の重要な因子ではないとの指摘があります。ダイエット

アジア系の人は各民族の標準体重をわずかに超過しただけでインスリン感受性が低下し、2型糖尿病発症の危険性が著しく上昇するため、慎重な体重管理が必要です。