Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

重陽の節句とは?

桃の節句はご存じのように非常に有名ですが、皆さんは菊の節句についておわかりでしょうか。菊の節句、つまり、重陽節句の別名です。菊を用いて不老長寿を願うことから、効くの節句という名前が付いています。


重陽節句五節句の一つです、五節句というのは、江戸時代に定められた式日で、人日の節句、上巳の節句端午の節句、七夕の節句重陽節句をさします。古来より、奇数は縁起のいい数と考えられていて、奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりです。


中でも一番大きな陽数9が重なる九月九日を、陽が重なると書いて「重陽節句」と定め、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。


重陽節句が、日本に取り入れられたのは平安時代で、当時は中国から伝来したばかりの珍しい菊を眺めながら宴を催し、菊を用いて厄払いや長寿祈願をしていたと言われています。


これが時代とともに民間にも広がり、江戸時代に五節句の一つとなって親しまれるようになりました。


次は重陽節句の食べ物についてですね、例えば三月三日だとちらし寿司や五月五日だと柏餅というように、九月九日の重陽節句にもお祝いとしての食べ物があります。重陽節句は秋の収穫祭と結びつきが強いため、秋の食材が中心になります。


まずは「食用菊」という料理です。昔から薬効や邪気を祓う効果があるとされていた菊のことです。菊の節句というくらいですから食用菊を使った料理を食べます。


次は「栗ごはん」です。重陽節句は秋の収穫祭との結びつきが強く、収穫を祝い、栗ご飯を炊くという習慣があります。


もう一つは「秋茄子」です。「お九日に茄子を食べると中風にならない」と言われており、秋茄子を食べる地域もあります。また、菊と一緒に天ぷらにする物もお勧めです。媚薬 


以上述べたように、重陽節句は菊が主役だけに、落ち月があり、とても風情があります。人生を豊かにする日本行事の一つとして、そして、不老長寿のお祝いとして取り入れてみてはいかがでしょうか。催淫剤