Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

不眠症の種類

人間には自律神経があり「休む神経」と「動く神経」のふたつがあります。

 

通常、夜は休む神経が強くなりなります。ですから夜は眠くなるのですが、不眠症の方は夜でも休む神経が強くならないのです。そして、皆さんのご存じのように、不眠症の種類は三つがあります。

 

1.入眠困難

 

多くの方が言われる「眠れない」という状態は、入眠困難といいます。シアリス

 

眠りに入ることができない状態です。朝方まで眠れないということも良く耳にします。

 

2.中途覚醒

 

眠りに入ることはできるが、睡眠の途中で目が覚めてしまうことを中途覚醒といいます。

 

途中で起きてしまう方でも、またすぐに眠れる方は問題ありません。しかし、一度起きてしまったらなかなか眠れない、または時間がたてば眠れるが、また起きてしまうという方は中途覚醒の状態です。

 

トイレなどで起きるのは中途覚醒とは違います。バイアグラ

 

3.早朝覚醒

 

用もないのに朝早く起きてしまうことを早朝覚醒といいます。

 

7時に起きれば十分なのに、4時とか5時に目が覚めてしまう状態です。早朝覚醒で目覚めた時に眠い方は自分が不眠症といわれても納得いくでしょうが、目覚めた時から元気に感じる方もいます。

 

一見健康そうに見えますが、「動く神経」が強すぎるための現象で、これも立派な不眠症といえます。

天皇誕生日は今後変わりますか?

皆さんご存知のように今上天皇のお誕生日は12月23日です。またこの日は、天皇誕生日として祝日となっていますが、今後天皇陛下が替わられるとこの祝日はどうなっていくのでしょうか?以前の天皇誕生日はどのようになっていったのでしょうか?元号が変わるたびに増えるのでしょうか?


そんな疑問について調べてみたいと思います。


まず天皇誕生日とはどういった祝日なのでしょうか。国民の祝日に関する法律(祝日法)では「天皇の誕生日を祝う事」を趣旨とされ、今上天皇の誕生日を祝う日とされています。ですので今後、天皇陛下崩御され皇太子殿下が即位をされた場合には、今上天皇が変わりますので天皇誕生日もまた変わる事になります。

 


その場合、現在の皇太子徳仁親王のお誕生日は2月23日ですので、次の天皇誕生日はこの日になります。では、今現在の祝日12月23日はどうなるのでしょうか?


崩御された天皇陛下のお誕生日もいくつかは祝日として今でも残っています。


明治天皇の誕生日11月3日は明治時代(1868年~1912年)には「天長節天皇誕生日のこと)」という祝日でした。


明治天皇崩御されると、国民が「明治天皇が近代日本の礎を築いた功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」という運動を起こし、昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。


その後、昭和23年(1948年)に、近代文化が目覚ましい発展を遂げた明治の時代を念頭に「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨とし「文化の日」が定められました。
昭和21年(1946年)11月3日に日本国憲法が公布されたことも、祝日となった理由のひとつだそうです。


大正天皇の誕生日は8月31日です。


しかし、8月31日は祝日として残っていません。なぜでしょう?


大正天皇崩御されたあと「名称を変えて残そう」という運動がなかったことや、大正時代は15年間と短かったこと、明治天皇昭和天皇のように後世に伝えたい偉業がないなど、さまざまな考え方があるようですが、祝日法で定められなかっただけのことです。


昭和天皇の誕生日であった4月29日は、ゴールデンウィークを構成する祝日となっていたことから、国民生活への影響が懸念され「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨とした「みどりの日」という祝日として残ることになりました。
ダイエット


その後、昭和天皇とともにあった昭和という激動の時代を忘れないためにも「昭和の日」としようという動きがあり、国民の要望もあったことから、平成17年(2005年)の祝日法改正により、4月29日は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に移動しました。精力剤 


それでは今上天皇の誕生日12月23日はどうなるのでしょうか。皆さんは考えてみましょうか。



勤労感謝の日って、何の日?

勤労感謝の日は、どんな意味があるのかなと時々思う方もいらっしゃるんですね。今回はそれについていろいろ調べてみました。どうぞ身の回りのものに、感謝をしながら、ご覧下さい。

 


勤労感謝の日は、11月23日にある祝日で、「祝日法第二条」によると、「勤労を尊び、生産を祝い、国民の互いに感謝しあう」という意味で、昭和二十三年に制定された祝日なんです。

 


つまり、仕事をしている人たちを尊敬して、みんなで生産品や収穫を喜びましょう。またみんな、お互いに感謝し合おうよという日なんです。

 


とはいえ、「働いている人に感謝しましょう」という意味だと認識している人も多いと思いますが、実はちょっと意味合いが違うようです。

 


まずは勤労感謝の日の由来について紹介します。勤労感謝の日は戦前の11月23日に行われていた「新嘗祭」に由来しています。新嘗祭は農作物の収穫を感謝し、祝う式典です。宮廷行事の一つであり、毎年天皇陛下が神々に新穀を供え、その恵みに感謝します。宮中意外にも、伊勢神宮を始め日本全国の多くの神社で新嘗祭の行事は行われます。

 


では何故新嘗祭勤労感謝の日になったのでしょうか。実は戦争で負けてしまった日本は、アメリカ政府の支配下に置かれることになりました。マッカーサーをはじめとする日本を指揮する組織のGHKによって、日本が解体されていきました。そして、日本は天皇を中心とした国家であったため、GHKは天皇と国民とのつながり¥を薄める必要がありました。戦前の日本の祝日は皇室の祭祀を国民も共に祝う物であったため、新嘗祭も同様に「天皇の私的な行事」とみなされました。その結果、11月23日の祝日はアメリカの感謝祭に倣い、「勤労感謝の日」という名前に変更されました。

 


勤労感謝の日は、新嘗祭の意味から解釈すると、「働いた結果、自分たちに得られる恵みに感謝する日」です。かつては農作物が収穫物でしたが、今は時代が変わり生産物だけでなくお金もその恵みの一つです。「いつもお金をいただけてありがとう」という日なんですね。早漏防止

 

最後までお読みいただいて、誠にありがとうございます。ペニス増大 

 

重陽の節句とは?

桃の節句はご存じのように非常に有名ですが、皆さんは菊の節句についておわかりでしょうか。菊の節句、つまり、重陽節句の別名です。菊を用いて不老長寿を願うことから、効くの節句という名前が付いています。


重陽節句五節句の一つです、五節句というのは、江戸時代に定められた式日で、人日の節句、上巳の節句端午の節句、七夕の節句重陽節句をさします。古来より、奇数は縁起のいい数と考えられていて、奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりです。


中でも一番大きな陽数9が重なる九月九日を、陽が重なると書いて「重陽節句」と定め、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。


重陽節句が、日本に取り入れられたのは平安時代で、当時は中国から伝来したばかりの珍しい菊を眺めながら宴を催し、菊を用いて厄払いや長寿祈願をしていたと言われています。


これが時代とともに民間にも広がり、江戸時代に五節句の一つとなって親しまれるようになりました。


次は重陽節句の食べ物についてですね、例えば三月三日だとちらし寿司や五月五日だと柏餅というように、九月九日の重陽節句にもお祝いとしての食べ物があります。重陽節句は秋の収穫祭と結びつきが強いため、秋の食材が中心になります。


まずは「食用菊」という料理です。昔から薬効や邪気を祓う効果があるとされていた菊のことです。菊の節句というくらいですから食用菊を使った料理を食べます。


次は「栗ごはん」です。重陽節句は秋の収穫祭との結びつきが強く、収穫を祝い、栗ご飯を炊くという習慣があります。


もう一つは「秋茄子」です。「お九日に茄子を食べると中風にならない」と言われており、秋茄子を食べる地域もあります。また、菊と一緒に天ぷらにする物もお勧めです。媚薬 


以上述べたように、重陽節句は菊が主役だけに、落ち月があり、とても風情があります。人生を豊かにする日本行事の一つとして、そして、不老長寿のお祝いとして取り入れてみてはいかがでしょうか。催淫剤

憲法記念日は何の日?

いよいよ5月がきましたね。一年中数多くの記念日があり、今回は5月にある記念日について一緒に見てみましょう。


5月なら、ゴールデンウィークの印象が強くなってきましたね。

5月はゴールデンウィークの月です。皆さんはゴールデンウィークを楽しみながら、その三つの祝日についてご存知でしょうか。


まずは憲法記念日です。

憲法記念日とは1948年5月3日に、「日本憲法の施行を記念し、国の成長を期する日」という目的で制定された国民の祝日です。


ちなみに、日本国憲法が制定されたのは記念日が始まる前の年の1947年5月3日です。5月3日が記念日になったのはここが由来というわけですね。 


日本は第二次世界大戦で敗戦し、それまでの路線から西側諸国の民主主義を取り入れた国づくりの道を歩き始めますが、「民主主義」、「平和主義」、「基本的人権の尊重」を柱にした日本国憲法はまさに戦後の再出発をする日本を象徴するものでした。新しい憲法の制定には国民の賛同も大きかったようです。新しい憲法で、戦後の混乱が収まり、安定した生活ができるといった期待感もあったはずですね。


そして、憲法記念日の制定に関しては当時の国民の間では新しく誕生した日本国憲法が施行された5月3日こそ記念日としてふさわしいという思いがありました。ED治療薬 


だから、来年の5月3日には、家族や友人とゆっくり休日を過ごしながら、日本国憲法についても勉強して見ましょう。シアリス

日本の祝日と節句ーーお正月以外の一月

お正月は12月29日から1月3日までの間を指します。この国民の休日が終わると、お正月が終わると思う方もいらっしゃると思いますが、実はそうではないのです。他にも様々な風習がありますので、今回はそれらあまり人々に知られない昔から継がれた習慣についてご紹介いたします。


1月4日の「御用始め」


正月4日に官公庁が新年初めての事務を執ることを指します。御用始めは仕事始めの一種で、この仕事始めには田打ち初め、初山入り、船祝い、初売り、初荷、出初めなどがあります。


1月7日の「人日」と「松の内


「人日」とはズバリ「人の日」の意味です。古代中国では正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀をそれぞれ占ったと伝えられています(当日の晴雨で吉凶を占ったもの)。この正月7日(人の日)に、邪気を祓って1年の無事を祈るとして「七草の入った粥を食べる」風習があったのだそうです。「七草節句」とも言います。


松の内


正月の松飾り――門松を飾っておく期間を指します。もともとは元日から1月15日までの期間を指すが、近年は七草がゆを食べる1月7日くらいまでを指すこともある。地方によって指す期間が異なります。

 


その他の風習


「門松」


新年を祝って、家の門口に飾ります。元々は新年を迎える際に年神様が降りて来る時の目印として気を立てたのが始まりと言われています。門前の左右一対並べるのが一般的です。玄関に向かって左の門松を雄松(おまつ)、右の方を雌松(めまつ)と呼びます。通常、12月13~28日か30日に飾ります。


「しめ飾り」


門松と同様、正月に年神様を迎える準備として玄関口や家の神棚に飾ります。しめ飾りは、しめ縄に裏白、ゆずり葉、橙(などをあしらって作ります。常緑の葉である裏白は「長寿」を、ユズリハは新芽が出てから古い葉が落ちることから「家系を絶やさない」という願いが込められているそうです。橙は「家が代々(だいだい)栄える」として、縁起物として使われています。媚薬 

 

 

お正月の休日はもう終わりましたが、正月にある風習はまだたくさんありますね。今回はその一部について紹介しました。皆さん、いかがで、残りの方は次回で一緒に学びましょう。催淫剤 

日本の祝日-お正月

大晦日が終わったら、正月に入りますね。では、今回は正月について一緒に勉強しましょう。


まずは意外と知らないお正月の由来からご紹介します。昔から元旦には「年神様」という新年の神様が、一年の幸福をもたらすために各家庭に降臨するとされたいます。「正月様」「歳徳神」とも言います。


その年神様を迎え入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために、様々な正月行事や風習が生まれました。


次はお正月の風習についてご紹介します。


「初日の出」


その年の最初に昇って来る太陽を拝み、1年の幸運を祈るものです。これは初日の出と共に年神様が現れるといわれていたからです。特に、高い山頂で迎える太陽を「ご来光(ごらいこう)」といい、ありがたいものとされています。「ご来迎(らいこう)」との語呂合わせもあるようですね。


「初詣」


年の初めに神社仏閣にお参りして、1年の無事息災を祈ること。大晦日の除夜の鐘を聞きながら家を出て、元旦にお参りすることを「二年参り」といいます。


若水


「一番水」、「福水」とも呼ばれます。元日の早朝にその年初めて汲んだ水のことを言います。まずは神棚にお供えをし、それから雑煮を煮たり、福茶をたてるのに用います。この水は、一年の邪気を払ってくれる縁起のよい水とされています。


「お年玉」


年神様に奉納された鏡餅を年少者に分け与えたのが始まりといわれています。金品を贈るようになったのは室町時代からで、当時は扇や筆などを贈っていたようです。お年玉は年少者や自分より地位の低い人に贈ります。


「初夢」


一般的に、正月の2日の夜に見る夢のこと。「一富士、二鷹、三なすび」の夢を見ると縁起がいいとされたのは一般的です。昔は仕事始めや書き初めなど、年初めの行事が2日だったため、一年のスタートとして、2日に見る夢を重視したようです。


「書き始め」


年が明けて初めて毛筆で一年の抱負や目標をしたためるもの。一般的には2日に行います。「吉書」とも呼ばれ、恵方に向かって、めでたい言葉や詩歌を書いたのが始まり。学校や地域の行事で書き初め大会を行うところがありますが、家庭で行うところは少なくなったようですね。レビトラ


お正月は日本人にとって一年で一番重要な祝日というのも過言ではありません。今回はお正月に関する風習を紹介しましたが、みなさん、いかがでしたか。今度はぜひ、充実なお正月が過ごせるように期待していますね。バイアグラ