Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

プロザックの筋弛緩薬の特徴と服作用

プロザックの特徴は今までの抗うつ薬に多かった「口の渇き、吐き気、便秘、心毒性」などの副作用が少ないのがプロザックの特徴になりました。シアリスED治療薬は、有効成分にタダラフィル(Tadalafil)が含有されています。特に、SSRIのなかでもプロザックは、セロトニン受容体の選択制が非常に高く、また再取り込み阻害作用も強い、つまり強力でキレが良く、セロトニンの量を増やし、やる気や意欲を高め、憂うつや不安を解消してくれます。シアリスの中で「タダラフィル」成分の含有量は[シリアス 5mg][ シリアス10mg][ シリアス20mg]と呼びれる名が変わります。

プロザックの副作用として、「疲労感、吐き気、口の渇き、頭痛、めまい」などが起こるとされています。とくに、服用を始める初期に副作用が起こりやすいとされています。シアリスの有効成分である「タダラフィル」は白色の粉末です。そのために、初期の段階で中断する患者もいるそうです。

つまり、これはプロザックなど抗うつ薬を服用しても効果がないと判断するからです。しかし、この初期段階で副作用が起こるという症状は、ある意味では効果が出る”前触れ”だと言われています。シアリスED薬は水に溶けない性質を持っています。プロザックを服用することで、急激にセロトニンの量が増加するため、体内の「脳、胃、腸」などに異変が生じ、抵抗するために副作用が起こりやすくなります。

そのために、多少の副作用が起こっても、まずは1~2週間は継続して服用を続けることが大切になります。