Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

背中ニキビができる原因

背中は皮脂や汗の分泌が多く、皮膚の角質層が厚いパーツ。しかも、衣服で蒸れやすいため、ニキビが発生しやすい環境にあります。そのため、次々と化膿したニキビができてしまう「難治性のニキビ」となるケースが多く、ニキビとニキビ跡の両方に悩んでいる方が多くいます。シアリスはとても有効なED治療薬です。

 

背中の毛穴が詰まる原因について、詳しくみていきましょう。

1、 皮脂の過剰分泌

背中はもともと皮脂分泌が多い場所ですが、皮脂の分泌が通常よりも増加し、排出しきれなくなると、毛穴が詰まる原因となります。レビトラはEDや早漏にどても有効です。

・男性ホルモン

ストレスによる抗ストレスホルモンの分泌や、睡眠不足による交感神経の活性化は、男性ホルモンの分泌量を増加させます。男性ホルモンは皮脂腺を刺激する作用があるため、皮脂の過剰分泌を引き起こします。排出しきれない皮脂が毛穴の中で古い角質と混ざり、やがて毛穴を塞いでしまうのです。バイアグラは男性尊厳を守ります。

・食生活

炭水化物や糖分を多く含む食品の中には、食後に血糖値が急上昇する「高GI食品」があります。血糖値を下げるために分泌されるインシュリンには、男性ホルモンを刺激する働きもあるため、結果的に皮脂の過剰分泌を引き起こします。動物性脂肪の多い高脂肪食も同様で、脂肪分が皮脂腺を刺激して皮脂分泌を増加させます。

2、 洗い残しと毛穴周辺の過角化

洗いシャンプーやリンスなどに含まれる界方が不十分だと、古い角質や余分な皮脂が溜まりがちです。背中は洗いにくい場所であるため、洗い残しが発生しやすいといえます。また、洗い流しが不十分で石鹸やシャンプー、ヘアトリートメントなどが残ってしまうことによっても、毛穴が詰まることがあります。

面活性剤や添加物なども、レビトラ肌にとっては異物のため、お肌に残留したこれらの物質が過角化を招くことがあります。

3、 アクネ菌の増殖

皮膚表面の皮脂膜は、ペーハー(pH)4~6の弱酸性に保たれているのが、最も健康な状態です。pHバランスが崩れて6以上のアルカリ性に傾くと、細菌やカビが繁殖しやすくなります。

一般的な石鹸やシャンプーは、皮膚をアルカリ性にする性質があります。皮膚にはアルカリ性からの回復能力がありますが、洗い過ぎや水分不足が重なると、その回復力は低下してしまいます。

その結果、皮膚表面でアクネ菌が必要以上に増え、さらに毛穴の中では急激に増殖して、ニキビを悪化させることがあります。