Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

糖尿病に糖質制限食の重要性

糖尿病の食事療法というと、日本の医療機関では「カロリー制限食」を行うのが現状では一般的となっています。ただ、最近はカロリー制限食がどうしても続けられなかったり、続けていても血糖コントロールがうまくいかない患者に対して、「糖質制限食」をとり入れる医療機関も増えつつあるようです。糖質制限食とはどのようなものなのか、糖尿病への効果とリスクなどについて解説しますシアリス

 

糖質制限食の糖尿病への効果とは精力剤

 

体を動かすための重要なエネルギー源となる栄養素には、糖質、タンパク質、脂質がありますが、このうち食後の血糖値を急上昇させるのは、主に分解や吸収が早い糖質です。そこで、糖質の摂取量を制限することで食後の高血糖を防ごうというのが「糖質制限食」の考え方です媚薬

 

糖質制限による糖尿病への効果は、血糖値の急激な上昇を抑えられるだけでなく、インスリンを分泌する「すい臓」を休ませることにより機能を回復させ、糖尿病の改善につなげられる可能性があると考えられています。また、肥満になると肥大した脂肪細胞からインスリンの効きを悪くする物質が分泌されてしまいますが、糖質を制限すれば不足したエネルギーを補うために体脂肪が分解され、肥満による糖尿病の悪化も防ぐことができるかもしれないと言われています。さらに、インスリンには余ったブドウ糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える働きがありますが、糖質制限を行えばインスリンの分泌も抑えられるので、体重が増えにくくなるといわれています。

 

このような効果から欧米諸国ではもちろん、日本の病院でも糖質制限食をとり入れるところが増えてきました。