Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

性器カンジダ症について

性器カンジダ症は、「カンジダ菌」の増殖による日和見感染(健康な人には感染症を起こさない微生物が原因菌となる感染症)であるため、主に体調不良や過労、ストレス過多などによる免疫力の低下が原因で引き起こされます。そのため、患部の清潔と安静を保ち、薬を使用しながら規則正しい生活を送って免疫力を高めることが基本の治療方法となります。その他、カンジダ菌の増殖を防ぐよう、媚薬通気性のよい下着・服を身につけるなど、患部を蒸らさない対策を施すことも大切です。また、悪化やパートナーへの感染の可能性があるため、完治前の性交渉は避けましょうシアリス

 

性器カンジダ症の病院での治療法は、男性と女性でわずかに異なります。それぞれの治療法について詳しく見ていきましょう精力剤

 

女性の治療法

 

治療薬として膣錠、軟膏、クリーム、経口錠などが処方されます。膣錠を膣の深いところに挿入し、イミダール系の外用薬を塗布します。約1週間治療を続け、効果が十分に得られないときは追加で治療を行ったり、別の原因があるかどうかの検査を行います。

 

男性の治療法

 

性器を清潔に保ち、女性と同じように抗真菌剤イミダール系の軟膏やクリームを塗布します。男性は性器カンジダ症にかかる確率が低いですが、包茎の場合は感染率が上がります。治癒してもくり返し症状が出る場合は、包茎手術によって完治を目指すケースもあります。