Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

日本の節句--大晦日

日本の節句祝日について皆様はご存知でしょうか。調べによりますと、日本には一年のうちに16の祝日があり、12の節句があります。全てのものは日本文化の宝物とも言えますね。しかし、それらの節句と祝日について、詳しく知っている方はあまり多くはないと思うます。これからは日本の様々な節句と祝日について1月からご紹介致しますので、どうぞ気軽にお楽しみください。

 


12月29日から1月3日までは一年で最初の国民の祝日――正月のことです。そのうち、12月31日は大晦日と言います。一月に所属していませんが、お正月には欠かせない一日なので、ここに入れて紹介します。大晦日とは一年の最後の日を意味しています。猫の手も借りたいと言われる師走のように、月末に向かって大掃除やお正月の買い出しなど、誰もが忙しい時間を過ごします。

 


大晦日の過ごし方についてですね、五つのキーワードがあります。まずは「家族揃って過ごす」というキーワードで、一家団欒でお祝いすることが多いようです。その二は「年の湯二入る」です。年の湯とは、大晦日の夜に入るお風呂のことをいいます。その三は「年越しそばを食べる」という習慣で、江戸時代から始まったそうです。蕎麦はモバした生地を細長く切手食べることから、長く生きることや健康といった縁起を担いだものとされています。その四は「掃き納め」という言葉で、大晦日には掃き納めと言ってその年の最後の掃き掃除を行います。最後は「除夜の鐘」というキーワードで、大晦日から新年に変わる深夜を挟んで撞かれる鐘のことを意味しています。撞く鐘の数は108となっていて、この108には人の煩悩の数という意味が有り、煩悩とは「人の心を惑わし、悩ませるもの」とされています。ED治療薬 

 


また、大晦日は新年までのカウントダウンに過ぎないと考えている方も多いようですが、一年が終わりゆく日だからこそゆっくりと過去を振り返し、自分を顧みることのできる貴重な時間になるのです。今年の大晦日、ぜひ楽しんでお過ごし下さい。

 


では、大晦日についてのご紹介はこれで終わりますが、これからも他の年中行事についてご紹介いたしますので、興味を持つ方がいらっしゃるなら、ぜひこのブログをフォローしてお願いいたします。シアリス